●韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム


韓国語をマスターしたおかげで、同期の人で韓国語ができる人がかなり少なかったためか、大手企業(外資系も含む)から5社も内定を受けました。そしてその後、このノウハウを英語に当てはめることにより、短期間で英語もマスター出来ました。今では、会社を辞め、語学のプライベートレッスンをしています。

また、元々海外旅行が大好きで、特にお隣の国ということもあり韓国にはよく旅行に行きました。

韓国旅行に頻繁に行き、積極的に韓国語で話しかける事で現地の友達が見る見る増え、今では韓国に行けば、現地のお友達が喜んで泊めてくれます。

本当に韓国の人は情があついです。

キムチや豆腐チゲ、ビビンバ、トッポッキ、プルコギなど韓国を代表する食文化を楽しむことが出来るし、女性の方なら迷わずエステにいきますよね。韓国はエステが大人気で、すごく綺麗な方が多いです。

東大門市場、南大門市場をはじめとするショッピング街や、世界遺産にもなっている史跡や文化財、済州島に代表されるリゾートや、ロッテワールドのような最先端テーマパークなど、まだまだ知られていない遊びがたくさんあります。
韓国語をマスターしたお蔭で、自分の価値観が変わるような生活を送れています。
あと、今流行の韓国ドラマも好きなんですが、
現地で販売している字幕なしの映画やドラマを楽しでいます。
あっ、現地では日本の5分の1くらいの値段でDVDが購入できちゃいます(笑)

しかし、そんな私も、当初語学を覚え始めたときは、散々たるものでした。

英語の授業で、先生に当てられても、まったく発音が違う。
先生だけじゃなく、友達にも笑われていました。

海外旅行は好きだけど、言葉を話すのは苦手。(ショボショボ・・・)
やっぱり言葉なんて生まれつきの才能か、
赤ちゃんの頃から覚えないと無理なんだと自分に言い聞かせていましたがさみしい話ですね(笑)

テレビで鮮やかで流暢な外国語を話す日本人、時には嫉妬すら感じる程の輝かしい存在に映ってました。
しかし、1年間韓国に語学留学でホームステイすることになりました。

そのときステイ先に遊びに来ていた韓国人との何気ない会話からある事実を知ることになりました。